前へ
次へ

落下故障したときのiphone修理までの応急処置

iphone使用中に多いトラブルは、液晶画面の破損、水没させてしまう、バッテリーの劣化などが挙げられます。
もしそれらが原因で故障してしまった場合には、どこかにiphone修理を依頼しなければなりませんが、大抵の状況では故障直後にすぐ修理してもらえるわけではありません。
そのためiphone修理までの間に自分でできる応急処置や対処法を知っておくと良いでしょう。
最も多い故障原因は落下などによる画面割れです。
目立つ画面の破損ばかりに気が向きがちですが、落下の衝撃で内部のバッテリーや部品も破損していた場合、電源を入れっぱなしにして操作していると、より深刻なダメージを与える可能性もあります。
強い衝撃が加わるような出来事があったのであれば、まず電源を消してiphone修理店などで電気回路やバッテリーのチェックをしてもらうようにしましょう。
逆に見た目に異常がないように見えても内部には異常が見つかるケースもあるので注意が必要です。
もし使い続けることが困難な故障であれば、そのままそこで本格的なiphone修理を依頼できます。
ちなみにiphone修理はサポートが充実しており、故障した際はApple Storeに持ち込む他に、Appleリペアセンターにiphone修理を申し込んで配送修理してもらうこともできるので、自分に合った修理方法を選択しましょう。

Page Top